オレンジ色のローソン

2007/04/28

DSCF0941.jpg うちの会社の近くに、新しくローソンができた。このこと自体は珍しくない。ただ看板がオレンジ色なのだ。
以前、NHKの番組『プロフェッショナル』で、ローソンの社長新浪氏が、加盟店のオーナーと看板の色をブルーからオレンジに変えることで、熱く話し合っていた。
オーナーの皆さんは、私的な買い物をするのも、意識せずブルー系のものを手にとってしまうぐらい、こだわりがある。それを変えるのは、とてつもなく大変なことなのだと、日本を代表するコンビニのトップの苦悩があった。
どんなコンビニなのか、こしゃちょうママと探検してきた。
お惣菜が計り売りしている。コロッケ2つ買った。
野菜やくだものがおいてある。じゃがいも1個売りしている。70円。
「焼きたてのチョコクロワッサンができましたあ」の声に、おもわず「2つください」
宮崎のお土産がぞろりと並んでいて、どれも東国原知事のイラスト入り。日向夏ジュースを1本買う。
知事のイラストのちっちゃい旗があっちこっちにおいてある。
こしゃちょうママに「あれ、欲しいな」といったら「何するんですか?」「事務所においておくの」「なんで?」「かわいいから!」「・・・・・・」
事務所に帰って、同じこといったら、スタッフに「やめてくださいっ!」って言われた。
ええええ、なんでえ~?だいたい、どこに売ってるのかな?商工会議所かな?ねねねね、Kさん、旗振り隊長、商工会議所にある?
それにしても、このオレンジ色のローソン、ターゲットはどこに向いているのだろう・・・。