有休は、元気で取りましょう

2012/11/19

年がら年じゅう有休のもっちん.jpgちょっと仕事がひと段落ついたな、と思ったら、スタッフに、ほら有休取って、と言うようにしている。
うちの会社は「有休は、元気で取りましょう」が合言葉。
だって平日の昼間、映画をゆったり見て、ランチして、お買い物を優雅にして、なんて素敵じゃない♪
病気で布団のなかで、うんうん過ごす有休なんて、もったいない。
病院に定期健診で行ったり、子供の行事があったり、家族の旅行やイベント、所用で使うのは当然ながら、ちょっとしたリフレッシュにも、有休は使ってほしい。
そのためにも、日ごろから、どんな分野の仕事も、誰が休もうと、カバーできるようにしておくことが、大切。
後ろ髪引かれるように、いつ電話がかかってくるか、なんて心配しながらの有休は、お休みにならないもの。
それから、健康管理も仕事のうち、ね。
とは言うものの、ばたばた仕事が重なってくると、有休が取りづらくなるのも事実。
なるべく年間の有休が完全消化できるよう、毎日の様子を見ながら、考えていきましょう。