だいこん葉

2007/10/02

だいこん葉 この時期、あちこちから、だいこん葉をもらう。
冬に向かってだいこんの種植え。りっぱなだいこんに育てるために、出てきた若い葉を間引く(のだと思う)。
若いだいこん葉は、塩で軽くもむと、ほどよい辛味も相まって、ちょうどいいころあいの漬物になる。それにしょうがを畑から掘ってきて、細かく切って混ぜる。
出回り始めた普通作の新米をほこほこ炊いて、このだいこん葉のつけものを乗せると、おそろしいほど、食がすすむ。
ううう~、食欲の秋はまだ始まったばかりだというのに、あやしげなお肉が、どっぷりお腹についてしまった・・・。