高屋温泉

2008/05/12

高屋温泉.jpg自宅のリフォームで、3日間ほどお風呂が使えなかった。
よく利用する宮崎市内のホテルで入ってから帰ろうか、姑あらんだまばーちゃんちで入らせてもらおうか、などなど考えたのだが・・・
そうだ!一度家に帰って、隣家のおばを誘って、裏山にある高屋温泉にいこうっと!
家から車で3分。
ぐーんと坂を下って、ヘアピンカーブのT字路をぐいーんと曲がって上り坂。
上りきって、しばらくうねうね山道を走ると、木々に囲まれた閑静な高屋温泉につく。
むか~しは、おもての通りを通らず、裏山をつっきっていくと、たどり着いた、とおばは言う。
温泉は、不思議なことに塩辛い。
海からだいぶ離れ、おまけに割りに高いところにあるのに、海水がまざっているようだ。
ここらいったいの氏神様である鹿野田神社にこんこんと涌く、ご神水と一緒の成分らしい。
離れの温泉.jpg
入泉料400円。
ふたり以外だれもいないので、ゆうゆうと浸かって、あ~極楽極楽。
ここは、鯉料理でも有名だ。
きのうの日曜日、今度は夕飯を食べにまたやってきた。
鯉料理.jpg鯉のあらい、鯉のあんかけからあげ、それと鯉こくにご飯とお漬物がついて、1450円。
あらいは、大半食べてから写真をとったので、すくな~いですが、ほんとはどんと入っている。
からあげは、骨までばりばり食べられるくらい、上手にあげてあって、あんかけとあいまって、美味美味。
鯉こくも、それだけでお腹いっぱいになるくらい入っている!
私はそこにあるのがあたりまえの感覚だけど、意外なお勧めの穴場スポットかも・・・。