三宝殿

2010/02/06

三宝殿への道.jpg三宝殿.jpgほんとうは、三宝大荒神奉祠殿 というらしい。
鶴見の大本山総持寺敷地内の高台に建っている神社。
里のお墓がある総持寺は、それこそ子供のころからなじみがあるが、この神社の存在は知らなかった。
お寺に神社?
どんなことになっているのだろうと、行ってみたら、お坊さんが、お線香をあげるところを清めていた。
まつられている三宝大荒神は、仏法の守護神。それもインド由来の仏教尊像ではなく、日本仏教の信仰の中で独自に発展した神様らしい。
だから、ろうそくではなく、お線香。大いに納得!
まわりに鶴見大学のある風景は、私の知っている総持寺とは、まったく思えなかった。
知らないところに、きてしまったように思える・・・。
学生のころ、宮城県にある遠いご先祖様のお墓をとりこわし、マンションが建つというので、父と引き払いにいったことがある。
そのとき、遠い親戚、という家に立ち寄った。
出てきたおじいさんは、小学校のとき亡くなった祖父にそっくり!
初めて来たのに、知り尽くした家のように、くつろんだっけ。
ふ~っと、何十年も忘れていた記憶が広がった・・・。