台風一過

2009/10/09

台風一過.jpg電車通学だった小学生のとき、国鉄のストと台風の接近と大雪は、学校がお休みになるので、密かにわくわくしていた。
宮崎に来るまで、記憶している限り重大な被害にあったということはない。
ところが、数年前の2日間、宮崎の上空の居座り続けた台風で、いやっというほどその恐ろしさがわかった。
家は、高台にあるし、防風林がわりになる杉で、暴風は防げているのだろうが、どこからともなく地鳴りのような音が昼夜するのは、心底こたえた。
「神様、仏様、観音様にお釈迦様にキリスト様。なんでもいいから、なんとかしてえ~っ」
ふっと風がやむのは、たぶん”目”に入ったから。通り過ぎて、しばらくすると吹き返しがくる。
そして青空・・・
全身の力が抜けていく・・・