家電製品のお取り扱い

2007/02/07

姑あらんだまばーちゃんに電話してからNHKの大河ドラマが始まっているのに気がついた。後でかけ直すと言ったら「大丈夫。今ね、NHKの都合で声が出んとよ」ん?うちも同じの見て、声が聞こえているのに、NHKの”都合”?「字が映ってるのよ。声が出らんから電話してても大丈夫よ」いやいやそういう問題じゃなくて・・・はっと気がついた。
「ばーちゃん、リモコンにどっか”消す”って字と”音”って字、書いてあるとこな~い?」「そんげなもんないよ」「あるから、よっくリモコン見てみてよ」「字が小さすぎてよー見えん」「いいから見てっ!声を大きくしたり小さくしたりするところの近くにあると思うけど」「・・・あったっ!」「リモコンをテレビに向けてそのボタンを押してみて」・・・とたんにどかんっと音が電話を通して出てきた。「なんでじゃろかい?わたしゃなんもしちょらんとに・・・」
”なんでじゃろかい?なんもしちょらんとに”が姑に限らず年寄りと話していると実に多い。
『掃除機がうごかんごなった』はコンセントが抜けていた。『テレビが真っ黒になって野球が見れん』は間違ってビデオのボタン押してた。『電気湯沸かしポットのお湯が出ないし熱くならん』はロック状態になっていたのと、やかんと同じ熱くなると思っていた(やけどするでしょ!)。『冷房にしているのにぜんぜん利かん』は暖房にしていた・・などなど・・・。
でも明日は我が道・・・いやいや同じようなこと、私はもうしているか・・・