心の羅針盤

2007/07/01

伊勢原から西を望む タイトルバックにもなっている写真は神奈川県伊勢原市で撮ったもの。小田急線伊勢原駅から、夫とてくてくJR平塚駅に向かって歩いていたとき写した。中央かすかに富士山が写っている。
富士山は小さいときは東京文京区の自宅からも、幼稚園から大学の窓からはいつでも、当たり前に西にあった。それが知らず知らずのうちに、私の羅針盤になっていた。
宮崎に引っ越してきて、富士山を無意識に探している自分に気がついた。そしてもう見えないのだと理解したときから、私は”心の迷路”に深く入り込んでしまった・・・。
平塚湘南平 『私が宮崎に来たのは正しい選択だったのか?』・・・この問いに対する答えを出すまで、何年も何年もかかった・・・。そしてその答えを見つけたとき、富士山は”心の羅針盤”になった。
大山 久しぶりの富士山との再会。夕方で、うっすらしか見えなかったが、「お~、久しぶりだな。元気そうじゃないか。わたしはいつでもここから見守っているよ。」と言っていた・・・。