言語能力

2010/02/03

「どうして、こういう寸法の取り方になったの?」
「どうして、この断面図をおこしたの?」
「どうして、この数字になったの?」
うちの事務所で、よく聞かれる質問です。
正しいとか間違っている、以前の問題として、きちんと答える。
それがなにより肝心。
話すことは、自分がどれだけ深く考えているかを証明する手立てです。
また、考え方を共有するために、各々の言語能力が、かなり重要になってきます。
ことばの選び方ひとつで、イメージするものが、全然変わってしまいますから。
うちの仕事は、無言でこつこつ、というイメージがあるらしいのですが、朴訥でも説明責任を果たさないと、仕事したことになりません。
昨年訓練生できた青年、みごとに!言語能力地下3階。
うちのスタッフ、誰もがキャラが立っていますので、全員が初めて味わった“目が点”でした。
今、1月から来ている訓練生の青年がいます。
みんなのキャラに圧倒され、今のところおとなしくしていますが、
ではさようならになるか、それとも一緒にお仕事できるかは、君の言語能力にかかってくるからね。
しっかりしゃべりなさいっ!