五社詣で

2021/01/13

元旦に神主さんが自宅にきて祝詞上げて「天照大御神」のお札を置いていってくださるので、十日恵比寿の日に、一気に神社巡りするのが恒例です。まずはショウリツヒメの速川神社。山道を下ったり上ったり、結構しんどいので相当な時間歩いているように思えるのですが、行きは20分ぐらい、帰りは15分ぐらい、お参りの時間も含めて1時間もあれば往復できます。達成感が半端なくて毎年がんばって行っています。
次がコノハナサクヤヒメの都萬神社。ここで売っている神棚を飾るとご利益があるというので、自宅も会社も姑に買ってもらいました。
宮崎市内に事務所があったときは、地域の神様は一ッ葉稲荷と定めていましたが、西都に移りましたので都萬神社。一ッ葉稲荷にはお礼に行ってきました。
そして十日恵比寿はいつも混雑を避けて9日の昼に行きます。今年はコロナの影響で富くじも振る舞いもありませんでした。富くじは、当たれば当たったで今年の福運を使い果たしたのではないか、と心配をするにですが、千両箱はあててみたい(^^♪ちなみに叔父はあてまして、中に入っている5円玉をいくつかくれました。ここで熊手を買うのですが、東京では11月の酉の日に熊手を買うので、昔はかなり違和感がありました。
仕上げは宮崎神宮。広々した境内はいつも心が安らぎます。

コロナ禍のなか、神頼みではなく、神様に守っていただけるような生き方をすることを誓ってきました。