化ける

2007/01/17

小中学校のとき、遥かお姉さまたちと思っていた女優や歌手の人たちが、気がつくと”見た目で年下”になっているではないか。酒井和歌子しかり、ジュディー・オングしかり、園まりしかり、浅丘ルリ子しかり・・・。テレビに映る彼女たちはアーカイブの映像ではないのに、どのパーツをじっくり見ても昔と変わらず若々しい。
美しくしているのが彼女たちのお仕事!時間も投資もしているからね!なのだが、どうも合点がいかない。半世紀も生きたんだから、このしわやしみやたるみは仕方がない、お金も暇もないしと思う反面、まだ何とかなるかも知れないという気持ちがいつも喧嘩している。
先日振っても逆さにしても、とうとう出てこなくなったリキッドファンデーションを買いにいった。この1つだけ買おう。あとは何か勧められてもまだありますからと言って、絶対買わないぞ!硬い決意を持って出かけた。
お店の美容部員のうめださん、にこやかでとても聞き上手。高い商品は何も勧めなかった。その変わり、私の悩みと財布の中身をまんまと見抜き、5つも化粧品を買わせてしまった!でも、これらを毎朝晩塗ったくって、はじめて成果がでるのだ。道程は長い・・・。
その晩風呂上りに、もらったパンフレットどおり買った化粧品をつけて、テレビを見ている夫の隣に座った。「ねねねね、ちょっとしわのびたと思う?」彼、目の片隅でちらりと見て一言「笑顔に勝る美しさはない」・・・・・・