マスク1000枚備蓄

2009/09/04

マスク1000枚備蓄.jpg「ちょっと病院に行ってきます」
というこしゃちょうママに、ちょっと待たれよ、と渡したのが、マスク。
昨今、新型インフルエンザのニュースを聞かない日はない。
宮崎県も、大分に近い県北から、鹿児島寄りの県南まで、まんべんなく、というか、くまなくというか、散発し出した。
3ヶ月ほど前、出張先で具合が悪くなった夫が、すわっ、新型インフルエンザか、と関係機関に電話し、歳を言ったら”却下”。
歳だけ聞いて、そりゃただの風邪です、と電話で判定していいのかあ、とちょっとむっとしたが、今にして思えば、そのときはそんな程度だったのよ。
今時(?)のは、夫の歳でもかかるし、重症になる。
たまたま先日仲良しの工具やの娘さんと話をしていたら、
「うちの会社、マスク置いてますけど・・・」
えっ!ほんと!
新学期が始まったら、なかなか手に入りにくくなるらしいので、
100枚入りを10箱で1000枚お買い上げ、した。
昔はお母さんが、マスク洗って、家族で使いまわししていたのに・・・
「今は使い捨てですっ!」
そりゃそうだよね~
さて、この1000枚で、スタッフ全員を新型インフルエンザから防御できるか?が重大関心事だけど、みんな、外出から帰ってきたら、手洗い、うがいしてね。
そして、ちょっとでも”あやしげ”になったら、出社に及ばずっ!