ふるさと給食

2011/09/08

NHKの番組で、地元の食材を使って小学校の給食をだす『食べてにっこり、ふるさと給食』というのがあります。
軽妙な音楽で始まるこの番組は、子供たちが、野菜でも魚でも、取るところ、もしくはまだ原型をとどめているところから関わり、給食室で加工してもらい、「いただきま~すっ!」
食わず嫌いの子も、口に運ぶと「ほらね、おいしいでしょ」と思わず声をかけたくなります。
命をもらって、命をつないでいるんだ、そんなことが、”給食”からわかって、大きくなったら、またその次の世代に受け継がれていくかな、そんな期待を抱きながら、子供たちの嬉しそうな顔を見ています。
地方に育つ子供たちの、特権ね。
今私が住んでいるところは・・・ピーマン?とうもろこし?牛肉?マンゴー?
私の育った東京文京区は・・・ないなあ・・・