ティディベアが事務所にやってきた

2009/12/24

ティディベアたち.jpg「くまのぬいぐるみ」といったら、反射的に、クリストファー・ロビンが、二階からぱったんぱったんと、Winnie the Pooh こと、くまのプーさんを、ひきずっておりてくる様を思い出す。
プーさんは4歳ぐらいの男の子が、かかえるのがやっとぐらいの、ころころタイプ。
だから、レイさんがティディベアを4体連れて事務所にきてくれたとき、スタッフ一同、わりと小ぶりなのに、ちょっとびっくりした。
それに1体1体、みんな個性が違う。
裂き布糸、ヴィンテージファヴリック、ドイツモチーフ、木の枝ボタン、手紡ぎ糸などなど、
凝った材料で、ひとつひとつ丁寧につくりあげたところが、フランスの方も気に入ったのね
学生時代、家庭科が5段階で万年2だった私にとって、レイさんは、雲の上の人です。
”お嫁入り先”が決まっているので、嫁ぐ前に、ちょこっと見せてもらったのだけど、とっても特別なプレゼントになりそう・・・