シャガールを見る

2012/04/20

シャガールを見る.jpg先週末、ふらっとフェリーに乗って、足の向くまま気の向くまま、たどり着いたのが、京都河原町。
ちょうどお昼だったので、目の前にあったマクドナルドに入って、ビッグマックをほおばっていると、
隣に座った女性が、一枚のチラシを広げた。
「シャガール 愛をめぐる追想 日本未公開作品を中心に」 京都高島屋グランドホール7階
私の大好きな映画『ノッティングヒルの恋人』で、超売れっ子女優を地でいったジュリア・ロバーツが、恋したしがない古本屋の店主ヒュー・グラントに、プレゼントとして渡したのが、シャガールの作品。友人たちとこれは本物だろうか、彼女の真意はどこにあるんだ、と話すときの重要な小道具になっている。
うまい使い方だな、とますますこの映画のファンになったうえ、シャガールは気になる作家になった。
宮崎を離れると、神社仏閣と美術館を巡るのが楽しみだけど、デパートで開催するのは、なかなかネットでは探しきれない。
ほんと、マクドでビッグマック食べてよかった♪
シャガールと言えば、ひつじとにわとりとカップルとサーカス。
彼の作品のみ100枚ぐらいあったのだろうか。
展示会場終わり近くにかかげてあった、晩年のにこやかな写真。
思わず「たくさんの作品を、ありがとう!」と頭を下げた。
彼は、笑ってた・・・