フリーアナウンサー薗田潤子さんが出会った人々

2010/04/22

薗田潤子さんの講演.jpg法人会女性部会長から「青年部の総会に出てっ!」と電話がかかってきた。
時間が・・・と言いかけたら、「おいしいもの食べられるよ」に思わず、はいっ!
総会だから年度初めの”儀式”があって、税務署長のe-TAXの講演があって宴会、となるだろうと思っていたら・・・
あにはからんや、講演は元MRT宮崎放送のアナウンサー、現在フリーで活動されている薗田潤子さん。
私は、存じ上げなかったけど、有名な方らしい。
ご自分で、「人のパーソナリティーは、出会った人にとって形成される」と前置きされ、印象に残ったひとの言葉を紹介された。
「本物を作っていれば、誰に恥じることもないし、だますこともない」とおっしゃったのは、綾の元町長の郷田さん。あの綾の自然を残せたのは、まぎれもなく郷田さんの尽力です。
作曲家の三枝成彰さんは「やりたくない仕事もしてきたけど、やりたいことを、寝る間をけずってやり続けてきた結果が今の自分」と。
こつこつ積み上げてきたことに優るものはないです。
医師の日野原先生は「自分の生き方のモデルを探しなさい」と。
私は、姑あらんだまばーちゃんだな。
「本物の勇気は、内にあり」とも。
つまり、なにかあったときこそ、心おだやかに平静さを保つことが肝心。
わかっちゃいるけど、ぱたぱたおばさんの私には、至難のわざです。
平田オリザさんは「本物の文化に触れることが大切」と。
首都圏と地方の文化格差を、身をもって知らされた元東京人の私は、大いに納得!
ジュリーこと沢田研二さんは「偉い人も掃除をしているおばさんも同じ態度で接しなくては」と。
薗田さん自身、トップまで上り詰めた人は、人に対する態度が平等、と感じているそうな。
親業を全国でお話されている辰巳信子さんは「自分メッセージで話しましょう」と。
自分はあなたに対してどう思っているか、と話さないと、と心がけてはいますが、難しいのよ。
年齢制限50歳の青年部のみなさん、どうしているかと思ったら、真剣にメモとっているじゃないの。
数えきれない人とのお話が栄養となった薗田さんの講演。
このきらきらしている言葉を、ブログに書きとめておかなくっちゃ・・・