青島神社

2007/10/21

青島へ渡る 毎年巨人軍が、春のキャンプで来県したとき、"神頼み”にいくのが、青島神社。
今年は神頼みが、ちょっと利いたらしい。
貝の砂 干潮のときは、鬼の選択板の海を歩いて、貝取りやカサゴ釣りをしながら行ける青島。南国とおりすぎて、ハワイでもきたんじゃないかと思えるような、亜熱帯の植物がうっそうと茂っている。
島にわたると、砂が貝殻の細かく砕いたものに変わる。よく見ると踏むのがおしくなるくらい、かわいい貝がたくさんある。
青島神社 島に鎮座まします青島神社のご祭神は、ヒコホホデミノミコト(山幸彦)と奥方のトヨタマヒメ、とシオヅツノオオカミ。起源は1200年も昔にさかのぼるらしい。
ヒコホホデミノミコトは浦島太郎、トヨタマヒメは竜宮城の乙姫様と、いってもいいくらい二人が出会ういきさつは似ている。もっともヒコホホデミノミコトは、亀ではなく鰐に乗ってかえってきたらしいし、箱を開いておじいさんにもならなかった。
巨人軍の願掛け 来年の2月のプロ野球のキャンプ入りは、巨人と東国原知事で、さぞやここはごったがえすのだろうな・・・。