宮崎神宮

2007/08/25

宮崎神宮 典型的な日本人の宗教心-クリスマスツリーを飾り、先祖の墓参りに寺に行き、お願い事しに神社の賽銭箱に小銭を入れる-しか持ち合わせていない夫と私だが、宮崎に越して、神社をまわるのが楽しみになった。
宮崎や隣県の鹿児島は、由緒正しい神社が数多くある。
木々に囲まれた参道を歩きながら、深呼吸するだけで、気持ちがすがすがしくなる。
今日の紹介は宮崎神宮。
祭られているのは、アマテラスオオミカミから数えて5代目、カムヤマトイワレヒコノミコト、こと神武天皇。通称、神武さま。
タイムスリップしそうな風景 ここで私が一番好きな光景は、神殿向かって右の、高床式の建物。
遠くから眺めていると、タイムスリップして、埴輪を生身の人間にしたような、美豆良(みずら)を結い、袴をひざ下で紐でくくったスタイルの男性や、頭の上で髪を結い上げ、ゆったりした裳をまとった女性が、ゆらゆら歩いているのが見えるのではないかと思うのだ。