自分たちの未来を自分たちでつくるためにSDGsを考える

2021/07/05

SDGsとは2030年のあるべき姿をもとに、今から何をしなければいけないかを全世界のみんなで考えようとする国連で定めた約束のことです。
今年、宮崎県でも宮崎総合計画「未来みやざき創造プラン」として、持続可能な地域づくり対策特別委員会を設けました。
あるJA女性部で、生前整理の講演でお伺いした時、講演前の勉強会で、SDGsを自分たちの課題として考えようとされてました。
農業を担う女性の皆さんとしては、15番目の目標「陸の豊かさを守ろう」に通じると考えられたのではないでしょうか。
この17の目標には、”ジェンダー”という横ぐしがすべてに入っています。
経営者として、男女共同参画地域推進員として、このテーマをもっと掘り下げてできることをしていきたい、と思っています。