おばさまがたは歌い踊る

2007/11/27

おもてなしの合唱 入ってから、場違いだったと気づいた法人会女性部だが、入会10年を経て、最近あまり違和感を感じなくなってきたのは、おばさまの領域に達してきたということか。
先日、年1回県内各地域持ち回りで行われる連合会連絡協議会が、宮崎市内で開かれた。つまり今年の当番は、わたしたち宮崎近郊チーム。
実行委員ではなかったが、当日会場に入るや否や「あんた、写真係やってちょうだいっ!」
見渡したが、デジカメ扱えそうなメンバーはひとりもいない。”ぱしり”の身分は素直に「わっかりましたあ」
来賓の席に『宮崎県知事』とある。えっ東国原知事、見えるの!
「来るわけないでしょ。おいそがしいんだから」
代わりにいらした方は、おつむとおでこのあたりだけは、知事と似てました。
記念講演は宮崎学園の合唱指導をされている有川サチ子先生で『夢に向かって』
そう、あの宮崎学園高等学校を全日本合唱コンクールに何年も率いている、コンクールの常勝将軍。
3年で卒業していく学生の実力を、金賞クラスに着実に引き上げるというのは、音楽センスと同時に指導者として並々ならぬ力がないと、夢はかなわない。
ずんどこ節で踊る その後の懇親会で、なんと!有川先生の前で、ホスト地域であるわたしたちが、恥ずかしながら合唱をお聞かせしたのだ。
先生は満面笑み、大拍手をおくってくださいましたが、冷や汗三斗でした・・・。
フラメンコあり、カラオケあり、もちろんおいしいお料理あり。
懇親会の最後を締めくくるのは、恒例の氷川きよしの『ずんどこ節』で踊る。
総勢180人の「えいえいお~」!の雄たけびは、いつにもまして迫力がありました。
皆さんおつかれさま。来年の日南串間大会を楽しみにしています。